テスト

通信アクセサリー部品の検査

通信システムと設備が要求通りに運行されることを保証するために、メーカーはそれらが生産した部品が最高品質と最高効率を備えているかを確保する必要がある。その中に、部品についての外観検査と寸法測定は生産過程では重要なポイントの一つである。

外観検査は潜在的な表面欠陥検査で最もよく使用される方法である。仕入検査、工程検査、最終検査においても、通信アクセサリー部品は必ず厳格な検査を受けらなければならない。現在、Mantis CompectとMantis Elite体視顕微鏡は実践的に証明されたツールであり、コネクタ、PCB、セパレータ、コンバーター、ファイバビーム及び他の通信アクセサリー部品の外観検査に用いられる。

画像引用元:http://www.cznaite.com/Product1.asp

一方で、寸法測定については、部品の品質と性能を確保するために、メーカーは分析員を雇って各種テストを実施し、生産した製品が国際業界の基準に合致することを確認する必要がある。また、各寸法の部品は必ず測定を受け、工程図面とCAD文書に規定された規格要求を満たしているかどうかを確認しなければならない。

通信業界の発展に伴い、部品が小さく複雑になり、それらに対する測定も難しくなりつつある。そのため、メーカーは生産過程においてこの重要なステップの効率と精度を向上させる方法を求めている。

資料引用元:

https://www.baidu.com/link?url=e0YMTZZKFcFWfufcp_TF5nQNSOHi2bC5s_0h5HldMkf3jehNk14PGcs4KW25wZj_1Crc7FV- CxPTYxUQqs01wrvgWcsaQ4a-qahEcGRwRQq&wd=&eqid=f3104645000f38eb000000065d9f52fe 

http://www.cznaite.com/Product1.asp

筆者:孔靖茵

2019年10月11日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com