表面

木工塗装の注意事項

木工塗装は内装工事で非常に重要な一環である。より良い効果を得るために、正しい塗装方法を身につけなければならない。このようにしてこそ、壁面の剥落、膨れなどが避けられる。

画像引用元:http://jiaju.sina.com.cn/news/j/20171221/6349438527046222027.shtml

1.工事現場の清潔を保つ

塗料の乾燥時間が長いほど、塗装表面は空気との接触時間が長くなる。また、空気中のほこりに付着しやすく、塗装表面も粗末になる可能だ。そのため、特に環境に注意し、ほこりの浮きを減らしなければならない。

2.工事現場の温度を保つ

塗料は5℃以上の環境で品質が保証される必要がある。気温の急落は塗料にとって致命的な打撃となる。そのため、寒くなる時、塗装面を破壊しないように直ちに窓を閉めるほうが良い。一方で、窓を閉める場合は、労働者の中毒を起こさないように、塗装工事を中止して部屋を出るべきだ。

3.公式的な比例によって塗料を厳しくて取り合わせる

使用者は必ずラベルで提供した公式的なペイントと固化剤の比例によって取り合わせなければならない。いずれかの比例を勝手に増やしたり減らしたりすれば、壁面が剥落するという状況が発生する可能なのだ。ペイントを取り合わせる過程で必ず均等に攪拌し、濾過器を採用すべきである。さらに、攪拌の過程で発生されたバブルを取り除くために、濾過された塗料を15分静止するほうが良い。

資料引用元:

http://jiaju.sina.com.cn/news/j/20171221/6349438527046222027.shtml

https://zhidao.baidu.com/question/627352248175929524.html

筆者:孔靖茵

2019年10月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com