量産

フッ素樹脂

フッ素樹脂とは、分子構造にフッ素原子を含む熱可塑性樹脂である。耐高温性、耐低温性、誘電性、化学安定性、耐候性、非燃焼性、非粘着性、低摩擦係数などの特性に優れている。フッ素樹脂は主にテフロン(PTFE)、エチレン・四フッ化エチレン(PCTFE)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、エチレンテフロン共重合体(ETFE)、エチレン・四フッ化エチレン共重合体(ECTFE)、ポリフッ化ビニル(PVF)などの種類がある。その中で、テフロン(デュポン社社のフッ素樹脂やその加工製品商標)をメインとする。

多くの場合では、フッ素樹脂は一般的な熱可塑性樹脂の成形方法で各種の製造品に加工される。しかし、テフロンだけは溶融粘度が10 Pa・sに達すると流動できないので、一般的な方法では加工しにくいのだ。ゆえに、「粉末冶金法」に類似する冷間圧縮と焼結を組み合わせた方法で加工する必要がある。つまり、まず金型内で20から30 MPaまでの圧力で冷圧成形した後、370から380℃までで焼結し、板、棒、管、ベアリング、バルブなどの製品を作る。または先に半製品を作り、その後機械で各種部品を加工する。

ちなみに、用途については、フッ素樹脂は化学産業用パイプ、バルブ、ポンプとタンクの裏地、または電子産業用の耐熱防腐ケーブルの被覆などの絶縁材料や、飛行機、航空機、電子計算機の配線、機械産業用のピストンリングとワッシャーなどにも使われる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E5%9B%9B%E6%B0%9F%E4%B9%99%E7%83%AF%E6%9D%BF/9740246

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%B0%9F%E6%A0%91%E8%84%82/3694565?fr=Aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E5%9B%9B%E6%B0%9F%E4%B9%99%E7%83%AF%E6%9D%BF/9740246

筆者:孔靖茵

2019年10月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com