テスト

非破壊試験

非破壊試験とは、製品が検査された後、その形態は変化しておらず、性能と機能は影響を受けていない検査形式または方法である。以下は一般的な非破壊試験方法である。

外観試験

肉眼または見本、低倍拡大鏡でビード成形、外形と寸法が要求されたことを満たしたかどうか、ビードの表面に欠陥があるかどうかを確認する。

密度試験

ガス、液体、液化ガスの各種容器、反応器と配管システムについては、溶接ビードと密封面に対して密度試験を行う必要がある。一般的には、水圧試験、気圧試験、ケロシン試験を含む。

画像引用元:http://www.sczljc.com/index.php?_m=mod_product&_a=view&p_id=257

磁気粉末試験

強磁性材料の溶接部品の表面または近表面における欠陥を試験するために行われる試験である。磁気粉末の集まった位置、形、大きさによって欠陥を判断する。

浸透試験

この方法はワークの表面における肉眼で発見しにくい欠陥を検査することにしか適しておらず、表層以下の欠陥は検出できない。一般的には、蛍光試験と着色試験という方法がある。

超音波試験

この方法は材料の内部欠陥を検査するために用いられる。超音波がプローブを通して溶接部品の表面から内部に入ると、欠陥に会ったら反射が発生する。また、そのパルス波形の位置によって欠陥の位置と大きさを判断することができる。

資料引用元:

https://www.baidu.com/link?url=iKgLcNfQn1WEebq2W6xJM6S-ZSBTo_vKbUZ0nV29TkN8LC0Y1PdDYdaVFfxJNjD0mdHtrIj0u1LdwjsEBzjJLL9CK_i90Ujv7b7j4lJ5C0tOd_2VncsNn5 EuBDXfeHEWsfkfXXwIwROYHB8_-DpnhK&wd=&eqid=867acd0c000948db000000065d9b1359

https://wenku.baidu.com/view/3e924f3f5727a5e9856a61db.html

http://www.sczljc.com/index.php?_m=mod_product&_a=view&p_id=257

筆者:孔靖茵

2019年10月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com