量産

PIコントローラー

PIコントローラーは、与えられた値と実際の出力値から制御偏差を構成し、線形結合によって偏差の割合(P)と積分(I)を合わせて制御量を構成し、コントロールされたオブジェクトを制御するリニアコントローラーのことである。

その中で、割合コントロールは非常に重要である。割合反応システムの偏差によって、システムに一旦偏差が発生したら、割合コントロールは直ちにその調節作用を働かせ偏差を減少させる。割合作用を大きくすれば、調節を速くして誤差を減らすことができる。しかし、過剰な割合は、システムの安定性を低下させる。

画像引用元:http://www.elecfans.com/d/845636.html

一方、積分コントロールは、システムの定常誤差を除去し、無差別度を改善することができる。誤差があるので、積分コントロールは差がなくなるまで行う。積分効果の強さはTiという積分時間定数に依存し、Tiが小さいほど積分効果が強くなる。逆にTiが大きいと積分効果が弱くなる。

全体としては、制御工学の実践において、PIコントローラーは主に制御システムの定常状態性能を改善するために用いられる。

しかし、伝統的なPIコントローラーは構造が簡単であるが、一定のパターンとパラメータを持つ変動的なプロセスを扱うので、安定性、高速性と正確性の間の矛盾を解決しにくい。そのため、ボイラー温度制御、風力タービン電力制御のような大きな慣性や大きな遅れを持つ制御対象に適している。

 

資料引用元:

http://www.elecfans.com/d/845636.html

https://baike.baidu.com/item/pi%E6%8E%A7%E5%88%B6%E5%99%A8/2130243?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/379032416.html

筆者:孔靖茵

2019年10月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com