加工

切断加工

切断加工には色々な分類がある。以下は最も使われている二つの種類である。

一、レーザ切断加工

レーザ切断は、レーザフォーカスで生成した高出力密度エネルギーを用いて実現するのだ。レーザ切断の原理は、レーザ発振器から反射鏡などを用いて伝送されてきたレーザーを集光レンズで細く絞って試料に照射することで、局部的に溶融させ、レーザーと同軸に配置したノズルからアシストガスを噴き付け、溶融物を噴き飛ばし、切断するということである。

レーザ切断技術は、金属及び非金属材料の加工において広く使用されている。加工時間を大幅に低減できるだけでなく、加工コストも低減でき、さらにワークの品質を向上させることもできる。CO2レーザ切断機を例としては、そのシステム全体は制御システム、運動システム、光学システム、水冷システム、排煙と吹気保護システムなどで構成されており、そして最先端の数値制御モードを採用し、多軸連動及びレーザー光は速度に影響されないなどのエネルギー切断も実現できる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%BF%80%E5%85%89%E5%88%87%E5%89%B2%E5%8A%A0%E5%B7%A5/10167307

二、水切断加工

水切断加工は、超高圧技術を利用し、普通の水道水を250から400 Mpaまでの圧力に加圧し、その後内穴直径約0.15から0.35 mmまでのノズルを通じて噴射速度が約800から1000 m/sまでの高速噴出流体を形成するということである。その高速で噴出される流体は「水箭」とも呼ばれており、非常に高いエネルギーを備えている。また、その流体に適量の研磨剤を加えると、大部分の材料を切断することができる。

一方で、その高速噴出流体の圧力と流量を調整することにより、各種類の物体を洗浄でき、例えばゴムの除去、漆の除去、錆の除去などである。さらに、超高圧技術を利用し、高圧殺菌、食品保存など多くの仕事を行うこともできる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%B0%B4%E5%88%87%E5%89%B2%E5%8A%A0%E5%B7%A5/7795576?fr=Aladdin

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%B0%B4%E5%88%87%E5%89%B2%E5%8A%A0%E5%B7%A5/7795576?fr=Aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E6%BF%80%E5%85%89%E5%88%87%E5%89%B2%E5%8A%A0%E5%B7%A5/10167307

https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E5%88%87%E6%96%AD_%E3% 83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E5%88%87%E6%96%AD%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

筆者:孔靖茵

2019年10月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com