表面

静電塗装

静電塗装とは、コロナ放電の原理を利用して霧化塗料を高圧直流電場の下で荷電し、荷電基板の表面に吸着して放電する塗装方法である。静電塗装の設備はスプレーガン、スプレーカップ、静電塗装の高圧電源などで構成されている。

静電塗装は静電引力の原理に基づいている。すなわち、接地されたコーティングを正極とし、オイルアトマイザ(スプレーカップ又はスプレーディスク)を負極として高電圧電気に接続するということである。

静電塗装の効果は静電気塗装設備と管理レベルに依存するだけでなく、使用している塗料の種類が静電気塗装の要求に適合しているかどうかにも依存している。静電塗装の際、塗料の抵抗率が低く、その数値は5から50 MΩ・cmまでが適当である。また、塗料の抵抗率は塗料中の樹脂と関係があるほか、選択された溶媒成分とも関連する。そのため、実際に塗装する時には、溶剤を添加する方法で抵抗率の大きさを調整することが多い。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%9D%99%E7%94%B5%E5%96%B7%E6%B6%82/2577349?fr=aladdin

一方で、静電塗装の時、室内の風速も重要である。室内の排風は主に塗装中に発生した溶剤蒸気を排除し、室内の溶剤蒸気の含有量を有機溶剤爆発の下限濃度以下にして施工の安全を確保するために用いられる。静電塗装の場合では、室内の風速は0.3から0.7 m/sまでにコントロールすべきである。風速が大きすぎると、塗装の効果に影響を及ぼすためだ。ゆえに、排気装置には風速調整機構を設置しなければならない。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E9%9D%99%E7%94%B5%E5%96%B7%E6%B6%82/2577349?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/314633776.html

筆者:孔靖茵

2019年10月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com