テスト

土木機械製造業界の現状

土木機械業界はインフラ建設のために技術や装備を提供する産業で、国がその発展に重点を置いています。科学技術の発展につれて、スマート化が土木機械産業の発展のトレンドになりました。スマート化された機械は効率の向上とコストの減少を遂げました。

長年にわたって、世界の土木機械の市場はアメリカや日本、ヨーロッパ、ロシアなどの企業に独占されました。何十年もの発展を経て、中国の土木機械製造業も目覚ましい発展を遂げて、「中連」を初め、「三一」、「徐工」などの中国を代表する企業は海外でブームを起こしました。

しかし、土木機械製造業界は規模が大きいわりに、競争力がありません。国際競争で勝つために、製品のスマート化と生産時のスマート化が求められています。どのようにスマート化を実現するかというと、それはロボットの導入です。現在、生産の時ロボットを使用して溶接や塗装、組み立てを行う企業が多いようです。調査によると、2005年ー2015年、中国の工業ロボットの販売量は25%になり、需要が3.5万台に登って、世界最大のロボット市場になりました。 

土木機械製造業界はマクロ経済とのかかわりが緊密で、経済が良ければよいほど販売量が多いです。近年、中国の企業は海外の技術を導入したり、自主的に研究開発をしたりすることで、市場シェアを高めていきます。その中、「三一重工」、「柳工」、「龍工」などの国産ブランドは発展が速くて、競争力が強くなりました。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E5%B7%A5%E7%A8%8B%E6%9C%BA%E6%A2%B0%E5%9B%BE%E7%89 %87&hs=2&pn=2&spn=0&di=330&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=3293490860%2C4251752323&os=3924554893%2C1984863705&simid=3296632011%2C39480 58032&adpicid=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E5%B7%A5%E7%A8%8B%E6% 9C%BA%E6%A2%B0%E5%9B%BE%E7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fwww.nongji1688.com%2Ffile%2Fuplo  ad%2F201607%2F01%2F1610153325858.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3Bg5g23t8mbb _z%26e3Bv54AzdH3FgjofAzdH3Fda8mamAzdH3FnaAzdH3Fc9amn09_z%26e3Bip4s&gsm=&islist=&querylist=

資料引用元:https://wk.baidu.com/view/140159aa5727a5e9856a61e7?pcf=2

筆者:孔德珩

2019年10月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com