量産

LCP材料業界の需給現状分析

LCP(液晶ポリマー)のうちサーモトロピック型に属するものは、溶融状態で分子の直鎖が規則正しく並んだ液晶様性質を示して、熱可塑性樹脂に属する合成樹脂の総称と定義される。厳密には、パラヒドロキシ安息香酸などを基本構造としつつ、それのみによるホモポリマーでは融点が熱分解温度を上回ってしまうために、各種の成分と直鎖状にエステル結合させた芳香族ポリエステル系樹脂で、別称として液晶ポリエステルとも呼称される。また、サーモトロピック型以外の液晶ポリマーとしては、リオトロピック型(溶液型)液晶があり、これを含んで液晶高分子と呼称される。

画像引用元:http://www.huaon.com/story/471062

LCPは従来の材料と比べて、より優れた周波数減衰、熱伝達性能、防湿性などのメリットがあり、応用の見通しが良い。現在、世界のLCP材料の生産能力は約毎年7.6万トンで、全てが日本、アメリカと中国に集中している。それぞれの生産能力は3.4万トン、2.6万トンと1.6万トンで、全世界の45%、34%と21%を占めている。

日本企業とアメリカ企業は20世紀80年代からLCP材料の量産を始めた。一方で、中国はLCPの分野に入るのが遅く、長期的にアメリカからの輸入に依存していた。だが、ここ数年で金発科技、ウォルト株式、普利特、沃特株式、聚嘉新材料などの企業が続々と生産を開始したことにより、LCP材料の生産能力は急速に伸びている。現在、5G時代の到来に伴って、今後LCP材料の需要は急速に増えるかもしれない。

資料引用元:

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%B2%E6%99%B6%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC

https://www.weblio.jp/content/%E6%B6%B2%E6%99%B6%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC

http://www.huaon.com/story/471062

筆者:钟珮瑜

2019年10月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com