部品

金網製造

金網は金属の線材を織り込んで網状とした金属製品です。金網は中国の伝統的な工業品で、科学研究、生産、生活など多くの分野で幅広い用途があります。また、科学技術の急速な発展に伴って、充塡材としても充塡材料のベッドやタワーに広く使われています。

画像引用元:http://www.hbzhan.com/company_news/detail/350030.html

現在、金網は様々な種類があります。例えば、焼肉・バーベキュー用の焼網や、バスケットボール場のガードレール、ガーネットやツイストネットなどです。

例として、ここでバスケットボール場のようなループの金網の全自動化製作を紹介します。

まず、ローラーはワイヤーをターンオーバー機に送ります。それから、モータの回転パラメータを人工的に設定して、金網を編み終わったら、切断機が自動的に針金を切断します。これに応じて金網を上に移動させて、ローリング機は次の金網の編みを始めます。次に、針金の散在を防ぐために、金網の両側の継ぎ目をしっかりと締めます。最後、作った金網を巻きつけます。そうすると、金網の製作が完了です。

資料引用元:

https://www.sohu.com/a/286458561_100281003

http://www.hbzhan.com/company_news/detail/350030.html

https://www.weblio.jp/content/%E9%87%91%E7%B6%B2

https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E9%87%91%E7%B6%B2_%E9%87%91%E7%B6%B2%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

筆者:钟珮瑜

2019年10月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com