加工

鏡面材加工の工芸方法

鏡面材加工は金属切削加工における最高のレベルである。そして、物の映像を金属の表面に鮮明に映し出せるだけでなく、機械部品の寿命を高める最も効果的な手段である。鏡面材加工は金属ワークを研磨工程を選択する際に、需要に応じて異なる方法を選ぶことができる。以下は鏡面材加工の一般的な方法である。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/154614016_583949

機械研磨

機械研磨は、切削、材料表面の塑性変形により、研磨された凸部を除去して平滑面を得る研磨方法である。一般的には、オイルストーン、フラップホイール、紙やすりなどを使用しており、手作業をメインとしている。

化学研磨

化学研磨は化学媒質中の表面のミクロ凸の部分を凹部より優先的に溶解させて平滑面を得る研磨方法である。この方法は複雑な装置を必要とせず、複雑な形状のワークを研磨でき、多くのワークを同時に研磨でき、効率が高いという利点がある。

電解研磨

電解研磨の基本原理は化学研磨と同じである。つまり、選択された溶解材料の表面の微小凸部分により表面を滑らかにする研磨方法である。化学研磨よりも、陰極反応の影響を除去でき、より良い効果が得られる。

超音波研磨

超音波研磨はワークを研磨材懸濁液に入れて一緒に超音波場に置き、超音波の振動作用により、研磨材をワーク表面で研削して研磨する研磨方法である。超音波研磨はワークの変形を起こさないが、製作と取り付けは難しい。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/154614016_583949

https://baike.baidu.com/item/镜面加工/5803519?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2019年10月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com