部品

ピアノ線の秘奥

ピアノ線は炭素を0.6~0.95パーセント含む硬鋼線であり、ばねやピアノなどの楽器の弦のほかに、コンクリート補強用、長大橋のケーブルなどに用いられる。本稿では、ピアノへの応用について紹介する。

ピアノ線はピアノの音源である。ピアノの音はハンマーで弦を叩き、そして弦が音をサウンドボードに伝えることで、美しい音楽を生み出す。ピアノの調子が正しくない場合は、弦の張力を調整することで標準的なピッチに戻すことができる。

ピアノ線の材質は要求が高く、ピアノの低音エリアの弦に銅線を巻き付ける必要がある。なぜなら、それは細いほど短い弦の音の周波数が高く、太いほど短い弦の音の周波数が低いためである。しかし、琴線の一番太い直径が1.6 mmで計算すると、弦が最低音「A2」の27.5 HZを出すには、弦の最低長さは5メートルぐらい必要であり、2階建てのビルの高さに相当するのだ。そんなにパイプオルガンよりも大きいものは家に入れることができない。また、弦の長さが固定される上で、条件を満たすには、弦の直径を6 mmにする必要がある。6 mmの太さがあるものはもう弦と言えない。

実は弦に銅線を巻き、巻き弦になる方法で問題を解決できる。現在、多くのギターの弦や低音の弦も銅線を巻いている。巻き弦は弦の長さが規準に達することを保証し、弦の質量を減らすことができると同時に、弦の元の柔軟性と弾力性も保証できる。

巻き弦の発明は、ピアノ音域の開拓にも多くの可能性を提供している。ピアノは、既に最初の54音から今日の88音に広がった。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1608110301624207033&wfr=spider&for=pc

資料引用元:

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E7%B7%9A

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1608110301624207033&wfr=spider&for=pc

https://zhidao.baidu.com/question/99218204.html

筆者:孔靖茵

2019年10月2日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com