成型

木型製作の分類

鋳物製造における成形および芯を作るためのモデルは、木型製作と呼ばれる。木型は、成形とコーマ加工のプロセスに不可欠な細工物である。

以下は木型製作の分類についてのご説明である。

全体型:このような木型は全体的であり、芯がある箱を持っていない。

二枚の木型:木型を2つに分けて作り、ナットの半製品で接合する。

三枚の木型:多くの木型が2つの箱に分かれても、型砂から取り出せないのだ。この場合で、3つの砂箱がある木型を使うべきである。

部分木型:これは巨大な輪、輪の歯車などを指す。型を鋳造する際には、木材の型の一部を貫き、線上に線を引いたり、中心軸とその一部を使ったりする方法である。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/149068945.html

サブプレート木型:サブプレート木型の適用性は広く、殻を問わず、芯ケースでも大丈夫である。

ライブブロック木型:このような木型は鋳造される時に大体砂から取り出せるので、各所の出っ張った部分はブロックで接続できる。

分裂木型:ライブブロック木型の作り方で依然として砂から取り出せない場合は、分裂木型の作り方で解決できる。

多型木型:大量生産の中で、同じサイズの鋳物は多い数量を作る必要があれば、複数の木型を作って同じ砂箱に入れることができる。

ダブル木型:大ロットの鋳物の生産過程で中型と小型の部品はダブル木型を使うことが多い。

資料引用元:

https://www.docin.com/p-948659524.html

https://baike.baidu.com/item/%E6%9C%A8%E5%9E%8B/7135651?fr=Aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/149068945.html

筆者:孔靖茵

2019年10月1日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com