量産

PEEKの属性

PEEKとはPoly Ether Ether Ketone(ポリエーテルエーテルケトン)の略称であり、ベンゼン環がエーテルとケトンにより結合した直鎖状ポリマー構造を持つ、結晶性の熱可塑性樹脂に属するポリマーの総称である。そして、特殊高分子材料に属し、半結晶性高分子材料の一種である。その融点は334℃、軟化点は168℃で、引張強さが132ー148 MPaである。PEEKは耐熱構造材料や電気絶縁材料として使用できるだけでなく、ガラス繊維や炭素繊維を配合し補強材料を準備することもできる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E9%86%9A%E9%86%9A%E9%85%AE/75228?fr=aladdin

PEEKの属性

耐熱性: PEEKは高いガラス化温度という属性を有しており、それにより温度(Tg=143℃)と融点(Tm=334℃)を変化させることができる。その負荷熱変形温度は316℃となり、瞬時使用温度は300℃に達する。

機械的性質:PEEKは剛性と柔軟性を持ち、特に交互応力の耐疲労性に優れており、合金材料に匹敵する。

自己潤滑性: PEEKは優れた滑り特性を持ち、低摩擦係数と耐摩耗性の厳しい要求を有する場合に適している。

耐腐食性:PEEKは濃硫酸を除き、どんな溶剤、強酸、強アルカリにも溶解せず、その上加水分解に耐性があり、高い化学的な安定性が備わっているという属性を持っている。

難燃性:ポリエーテルケトンPEEKは自滅性を持つ。難燃剤を一切添加せずとUL規格の94 V-0級に達することができる。

加工性:PEEKは高温流動性が良く、熱分解温度が高いという特徴があるため、射出成型、押出成形、モールド成形及び溶融紡糸のような様々な加工方法を採用できる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E9%86%9A%E9%86%9A%E9%85%AE/75228?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/1516431393576786500.html

筆者:孔靖茵

2019年10月1日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com