量産

パイプ押出し

押出し、引抜き、圧延、プレス、鍛造加工など、金属材料が塑性変形するまで、力を加えて変形させる加工を塑性加工とう。

金属鋳造、切削、溶接などの加工方法と比べて、金属塑性加工は金属全体性を保持したまま、塑性変形発生物質転移により工作物の形状や寸法変化を実現する。切り屑が発生しないために、材料の利用率がはるかに高いという特徴がある。

では詳しく言えば、押出しはどのような加工であるのか。

押出しはコンテナ内に加熱したビレット(材料)を入れて、そのビレットを加圧してダイスにある隙間(穴)から流出させて、一定断面の形状を成型するものである。実際の工程では、先頭部分を掴んで走行するので、一見引き抜いているように見えるが、引っ張っている訳ではない。

画像引用元:http://www.mtt88.com/jishu/894.html

パイプ押出し時、金属の変形は3つの段階に分けられる。

1.押出し開始段階

金属が押出軸圧力作用を受けた後、鋳塊が太くなり、そして押出筒とダイス穴を満たし、圧搾圧力が直線的に最大値まで上昇する。

2.基本押出し段階

成形孔からの金属流出から押出過程が終了する直前まではこの段階に属する。圧出し時には鋳塊の長さの減少に伴い、圧排圧力が穏やかに低下する。

3.押出しを終了する段階

押出し過程末期は、変形区内の金属の減少に伴って、鋳塊外層の金属が中心に向かって乱れて流れ、変形区内の金属も激しい横方向の流れが発生し、そして末期欠陥を形成すると同時に、圧迫圧力も上昇する。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/塑性加工/5182555

http://alfaframe.com/mame/10236.html

http://www.mtt88.com/jishu/894.html

筆者:钟珮瑜

2019年9月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com