加工

フェーシング加工

フェーシング加工とは、機械、化学あるいは電気化学的作用を利用して工作物の表面粗さを低下させ、光沢を得るために表面を平らにする加工方法であり、しかもフェーシングツール及び研磨粒子又は他のフェーシング媒体を用いてワーク表面を修飾加工することである。フェーシング加工は、鏡面加工とも呼ばれ、平坦かつ加工変形層が小さく、摩擦痕のない平面加工プロセスである。

フェーシング加工はワークの寸法精度や幾何学形状精度を向上させるではなく、滑らかな表面や鏡面の光沢を得ることを目的とし、光沢を除去することもある。通常ではフェーシングホイールをフェーシングツールとして使用する。フェーシングホイールは一般的に多層のキャンバス布、フェルト或いは皮革を使って作られている。両側は金属の円板で締め付けられている。その縁は微粉の研磨材と油脂などで均一に混ぜて作られた研磨剤を塗布している。

画像引用元:http://china.makepolo.com/product-picture/100201911495_0.html

一方では、NCフェーシング機械は、データ制御によって行われるフェーシングマシンのことである。NCフェーシングマシンは主にガラス、セラミックなどの非金属材料或いはアルミニウム合金材料の後蓋のフェーシング加工を行うことである。このようなNC機械は異なる生産過程の操作に適用し、機械に良い使用機能を与えられる。

資料引用元:

http://www.803.com.cn/jiaodian/3eb5_63039517.html

https://baike.baidu.com/item/抛光加工技术/22229136

https://baike.baidu.com/item/抛光/448346?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年9月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com