部品

板バネの特徴

1枚以上のばね鋼を重ねて組み合わせたのは板バネである。板バネの断面は長方形の長い円弧形のばね鋼である。板バネは一般的に車輪式車両サスペンションに用いられ、最初は重圧や台バネと呼ばれ、また半楕円バネやカートバネと呼ばれることもあったが、実は一番古いバネの一つである。

最もよく見える構成では、弧の中心は軸の位置を提供し、任意の端に形成されたリングは車両シャーシに取り付けられる。非常に重い車両なら、複数の数層積層されたブレードから板バネを作製することができ、そして通常では徐々に短くなるブレードを有する。また、板バネは位置決めやある程度の制振およびばね機能に用いられる。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/2269909003084955268.html

板バネは構造が簡単で、コストが安く、修理が便利だという長所がある。板バネはサスペンションの弾性素子であり、しかもサスペンションのガイド装置である。その一端はフレームのヒンジと連結され、様々な力やモーメントを伝達でき、そして車輪の鼓動軌跡を決定できる同時に、それ自体も一定の摩擦減震作用がある。一石二鳥なので、非独立サスペンションに広く使われている。

一方では、板バネの欠点は、非独立サスペンションでしか使用できないことで、重量が重く、剛性が大きく、快適性が悪く、縦サイズが長く、そして自動車のフロントサスペンションやバックサスペンションの短縮には不利で、フレームとの接続箇所の鋼板ばねピンが摩耗しやすいことなどである。しかし、欠点が多いが、板バネは依然として様々な自動車に大量に使用されている。

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/2269909003084955268.html

https://baike.baidu.com/item/板弹簧/6494621?fromtitle=%E6%9D%BF%E7%B0%A7&fromid=11179255&fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年9月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com