テスト

粉末冶金金型とバリ

粉末冶金はグリーン製造技術に属する。従来の加工部品と比べると、部品の硬度、強度と靭性がすべて非常に良く、そして高品質、高効率、低コストという特徴があるので、すでに広範に自動車部品、電子、航空宇宙などの領域に応用されている。現在の工業及び自動化レベルの向上に伴い、部品に対する要求もますます高くなり、バリの問題は非常に重視され、バリ除去工程も重要な工芸の一つになる。

粉末冶金金型も製品でバリが出る原因の一つである

粉末冶金金型は一般的に四つの部分を含み、例えば圧潰強度試料の成形型、すなわち上型沖、下型沖、芯棒、陰型からなっている。

実は粉末冶金金型も製品でバリが出る原因の一つである。例えば、以下の原因でバリが出る可能性がある。

1.金型の隙間

成型品が金型の隙間で発生する充填効果は、バリが出る根本的な原因である。

2.金型の精度

生産実践では、モールドと陰型、モールドと芯棒の間の隙間が動態的に変化し、粉末粒子が金型の隙間の変化に伴って変形し、加工硬化が生じ、粉末粒子の硬度と耐摩耗性を増加する。また、摩耗の増加に伴い、金型表面粗さが低下し、粉体と金型の摩擦力が増大し、離型時にバリが出現しやすく、成形できなくなる。

3. 設備精度

設備精度が不足し、金型の使用状況が悪化し、バリの発生をもたらすこともある。また、装粉の高さが設備の行程範囲を超えている場合、圧力を抑えすぎ、設備のトン数が不足することなどの問題で、設備運転が不安定になり、バリも発生する可能性がある。このようなバリは部品の表面にランダムに分布することが多い。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1631253056217132996&wfr=spider&for=pc

資料引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1631253056217132996&wfr=spider&for=pc

https://baike.baidu.com/item/粉末冶金/270785?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年9月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com