量産

アウトサート成形の利点と問題

成形品への金属の埋め込み方は基本的に、成形する際に金型内に埋め込む「インサート」、成形後に圧入や熱で埋め込む「アウトサート」の二種類に分けられるが、今回はアウトサートについて紹介する。

アウトサート成形とは射出成形機を用いて、部品を樹脂で一体成形し固定する方法である。一般的に立型射出成形機を使って、金型内で金属プレートに金属などの部品を配置して一体成形する。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/注塑成型/488230#3

アウトサート成形方法の利点は生産速度が速く、効率が高く、操作が自動化でき、柄色の品種が多く、形状が簡単なものから複雑なものや、サイズが大きいものから小さいものまで成形可能であるということだ。また、製品の寸法が精確で、製品もアップデートしやすく、アウトサート成形は大量生産と複雑な形である製品などの成形加工領域に適用できる。

一方で、アウトサート成形の加工過程は金型の設計、金型の製造、原材料の特性と原材料の前処理方法、成形技術、成形機の操作などの多方面の要素に関連し、そして加工環境条件、製品の冷却時間、後処理技術と密接に関連する複雑な加工プロセスである。したがって、製品品質の良否は、射出成形機の射出精度、計量精度、金型設計の優劣と金型加工の精度レベルで決まるだけでなく、通常、上記の他の要因に影響される。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/注塑成型/488230#3

https://xn--pcktayi1hyew870an3ewyotq9aiv1e1etb.com/?p=867

筆者:钟珮瑜

2019年9月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com