加工

中ぐりフライス加工

中ぐりフライス加工とはドリルや拡孔ドリルなどを用いて、ドリルベッド上に金型部品穴を加工する方法です。その操作は簡便で、適応性が高くて、応用も広いです。

多くの中ぐりフライス加工に用いる工作機械は普通の掘削機で、主要なタイプは台式ドリル、立式ドリル及びアームドリルなのです。台式ドリルは主に0.1〜13 mmの小型金型部品の孔径を加工するために用いられて、立式ドリルは主に中型金型部品の孔径の加工に用いられて、アームドリルは主に大、中型金型部品の孔径の加工に用いられます。

画像引用元:http://www.mw35.com/Industry/ArticleItem/41?articleid=27875

中ぐり加工は、円筒形の金属材料に開けられた穴を広げたり、寸法を出す加工になります。一般的に、中ぐり加工を行うと、穴の表面状態や寸法精度も良くなります。

中ぐり盤は中ぐり加工の中で非常に重要な物です。旋盤による旋削加工とも似ているが、中ぐり盤では、中ぐりバイトを用いて工作物の穴の内面を切削します。主軸または中ぐり棒に中ぐりバイトを取り付けて、バイトを回転させながら工作物に送り運動を与え、穴を精密な寸法にくり広げます。

それ以外、中ぐり盤は工具を変えることによりフライス加工や穴開け加工も可能であります。それゆえ、中ぐり作業を中心にフライス、面削り、ドリル加工など総合的に行う大型機械を中ぐり盤と総称することもあります。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/钻削加工/4155934?fr=aladdin

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.weblio.jp/content/amp/%E4%B8%AD%E3%81%90%E3%82%8A%E5%8A%A0%E5%B7%A5%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAcbbgYj324K6vwE%253D

筆者:钟珮瑜

2019年9月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com