量産

PVCの特徴と応用

PVC(Polyvinyl Chloride/ポリ塩化ビニル)は白いアモルファスパウダーである。相対密度が約1.4で、ガラス化温度が77~90℃となっているが、170℃になると分解される。また、光熱に対して安定性が弱く、100℃を超える場合、または長い時間日光に晒される場合では、分解して塩化水素を生成し、さらに分解により変色し、物理機械性能も急速に低下していくこともある。

だが、PVCは、抗強酸、抗酸化還元には優れた性能を発揮している。そして、高い強度や安定性を持ち、不燃性もあり、気候変動がもたらす腐食に耐えられるので、質の高く安全な材料だとも言われている。

PVCは現在に至るまで、世界で生産量が最も多い汎用的なプラスチックとしてワイヤー、ケーブル、パイプから日用品、包装フィルムに至るまで広く使われている。一方では、さまざまな場合に対応するために、PVCはソフトPVCとハードPVC二種類に分類されている。ソフトPVCは一般的に床や天井の表面材料として使用され、ハードPVCはドア、窓の構造や化学工業製造に応用されている。

しかし、 PVCオイル食品の包装に用いることは禁止している。なぜなら、塩化鉛耐腐食剤を含めたPVC製品を揚げ物などの食品と一緒にすると、毒性のある鉛が油に拡散する危険があるからだ。そして、50℃になると、PVCがゆっくり塩化水素を分解し、それも人の体に有害なのだ。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=pvc&step_word=&hs=0&pn=10&spn=0&di=37620&pi=0&rn=1&tn=baiduimage detail&is=0%2C0&istype=2&ie=utf-8&oe=utf-8&in=&cl=2&lm=-1&st=-1&cs=2522284261%2C184755952&os=2188783605%2C2939457620&simid=3543593128 %2C266839552&adpicid=0&lpn=0&ln=1487&fr=&fmq=1569053917072_R&fm=result&ic=&s=undefined&hd=&late st=&copyright=&se=&sme=&tab=0&width=&height=&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&obju rl=http%3A%2F%2Fimg.jdzj.com%2FUserDocument%2F2014a%2FABCD56789010%2FPicture%2F20142289184 5.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3B31z3_z%26e3Bv54AzdH3Fr9cAzdH3Fda89-d- dbAzdH3Fbad98c_z%26e3Bip4s&gsm=0&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:

https://wapbaike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E6%B0%AF%E4%B9%99%E7%83%AF/1688898?fr=kg_general&ms=1&rid=7501428770398358754

https://zhidao.baidu.com/question/1046417607588854379.html

筆者:周文薏

2019年9月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com