量産

インサート成形の特徴

インサート成形とは、金型内にあらかじめ用意された異材質のインサートを詰めて樹脂を注入し、溶融した材料をインサートと接合して固化し、一体化した製品を作成する成形工法である。

インサート成形法は、金属加工された部品とプラスチックのコンビネーションによる成形品を生産する手法であるため、熱膨張率や熱伝達率、強度など異なる性質の物質同士を組み合わせるために、試行錯誤しながらノウハウを蓄積することが必要になる。

画像引用元:http://www.zhaosuliao.com/baike/16809.html

その特徴は以下の通りである。

1、樹脂の成形容易性、曲げ性と金属の剛性、強度及び耐熱性を組み合わせ、複雑で精巧な金属プラスチック一体化製品を丈夫に製造できる。

2、特に樹脂の絶縁性と金属の導電性の組合せを利用して作った成形品は、電気製品の基本機能を満足させることができる。

3、複数のインサートの事前成形組合せがあるので、製品ユニット組合せの後工程がより合理化になる。

4、インサートは金属に限らず、布、紙、電線、プラスチック、ガラス、木材、ワイヤ類や電気部品などの様々なものがある。

5、剛性成形品、ゴムガスケット上の曲げ弾性成形品に対しては、基体上に射出成形して一体化したものを製作した後、Оリング配列などの複雑な作業を省くことができ、その後工程の自動化組合せもより簡単になれる。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/277882429_196634

https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/plastic_mold_design/pl09/c0524.html

筆者:钟珮瑜

2019年9月18日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com