量産

高精度の位置センサー

中国のセンサー業界は絶えず発展している。海外のセンサーと比べて依然として大きい距離があるが、盛んに発展する中国電子情報産業市場の推進の下で、センサーはすでにある程度の産業基礎を形成し、技術革新、自主研究開発、成果転化や競争能力などの面で著しい進展があった。例えば、センサー設計技術、材料制御技術、生産技術、信頼性技術とテスト技術は絶えず発展して成熟になり、量産能力も徐々に向上した。

画像引用元:https://wenku.baidu.com/view/8b734a5077c66137ee06eff9aef8941ea76e4b8e.html

高精度位置センサーは細かい位置ずれを高精度に検出でき、そして広い温度範囲で非接触で安定した検出が可能で、さらに単独のコントローラでも検出可能で、多タイプのセンサーである。

自動運転のベンチマークモデルや位置センサー

自動運転のベンチマークといえば、天井には一般には手に入らないさまざまな復雑なセンサーがついている。では、いったいどのようなセンサーがあるか。

LiDAR−SLAMは、多数の線を出すことができるレーザーライトで、64線や128線のものが多く、レーザーは周囲の環境を走査して点雲画像を生成し、点雲ごとに差分を重ねて車体が相対的に移動する位置を取得したり、ベースマップを照らし合わせてセンチオーダーの位置を取得したりするものである。

RTK−GNSSは、マルチパス対応の機能性アンテナを備えた衛星受信機により、都市にセンチオーダーの位置を確保できる。

360度SLAMは、車体の周りを一回りハイビジョンに録画でき、その移動距離をフレームごとに見比べる。

これらのセンサーの目標はいずれもセンチメートル級の位置を取得したいということであり、精度の高い地図、精度の高い位置を持っていれば、自動運転が可能になる。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/8b734a5077c66137ee06eff9aef8941ea76e4b8e.html

http://www.elecfans.com/d/710678.html

筆者:钟珮瑜

2019年9月11日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com