量産

プレス加工とプレス金型

金属プレス加工とは、金型を用いて金属材料にプレス機械で荷重を加え、曲げ、成形、絞り等を行い成形する方法で、金属材料の板材加工及び鍛造に適し、自動車産業を含め多くの生産現場で多種多様な部品の生産に活用されている。

通常、金属プレスまたは単なるプレスと言われるものは、プレス機械を用いて行う板金加工を指す。金型の交換を通じ、1台のプレス機で多様な加工に対応できる。金型設計の需要により、剪断、曲げ、絞りなど複数の工程を同時に行うこともでき、設備効率、生産効率が高い。

画像引用元:http://www.qy6.com/syjh/showbus6149847.html

長年の発展にわたり、現在中国はすでに各種類の金型に対応できる生産能力を形成した。中でも長江デルタ地域と珠江デルタ地域の金型製造メーカーが最も多く、特に深センのプレス金型製造工場は業界をリードしている。

自動車の車体試作、大型ケージカバー金型の快速製造をめぐり、近年、製品に応用され始めた多点フォーミングおよびレーザープレスと電磁成形などの新しい高速成形方法も出てきた。代表的なのは機電一体化した鉄心精密自動バルブプレート多機能金型で、基本的には既に国際レベルに達した。

中国のプレス金型は数量にかかわらず、依然として品質、技術と能力などの方面でもすでに大きな発展があるが、世界のレベルと比べれば、差が依然として大きい。毎年相変わらずいくつかの精密、複雑、長寿命の大型高級金型を大量に輸入し、特に中高級車の車体カバーの金型は、現在も主に輸入に依存している。しかし、ここ数年来、中国のプレス金型レベルは大きな進歩があり、レーザーカットやレーザー溶接技術も応用されている。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/320281919_702043

http://www.waza.javada.or.jp/shokushu/list/kinzokupress.html

筆者:钟珮瑜

2019年9月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com