テスト

接合する技術―溶接

溶接は、金属やプラスチックなどの他の熱可塑性材料を加熱し、高温または高圧で接合する製造工程及び技術である。

画像引用元:https://cn.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=RBD75VkM&id=B88BC817807A33B8E1186C4558CE54525B79809F&thid=OIP.RBD75VkMsJ7KQT9 xWsWnjQHaFK&mediaurl=http%3a%2f%2fwww.0920717178.com.tw%2ftemplates%2fcache%2f18607%2fimages%2 f52609e7854836.jpg&exph=450&expw=645&q=%e7%84%8a%e6%8e%a5&simid=608028365834683745&selectedInd ex=2&ajaxhist=0

溶接中には、ワークと溶接材料が溶けて溶融区域を形成し、その後溶融池が冷えて固まると、材料の間を接続できる。この過程では通常圧力をかける必要がある。現代では、溶接のエネルギー源はガス炎、アーク、レーザー、電子ビーム、摩擦、超音波などのいろいろな種類がある。

近代の金属加工には、溶接は鋳造、鍛造技術が遅かったが、発展速度は非常に速い。溶接構造の重さは鋼材生産量の45%を占め、アルミニウムとアルミニウム合金の溶接構造の比重も絶えず増加している。

一方では、将来の溶接プロセスについては、新しい溶接方法、溶接設備と溶接材料を開発し、溶接品質と安全信頼性を向上させる必要がある。例えば、既存のアーク、プラズマアーク、電子ビーム、レーザーなどの溶接エネルギーを改善し、または電子技術と制御技術を応用し、アークの技術性能を改善し、信頼できる軽量なアーク追跡方法を開発する。

また、溶接機械化と自動化のレベルを向上させる必要がある。例えば、溶接機がプログラム制御、デジタル制御を実現したり、準備工程から、溶接、品質検査に至るまで自動化になる専用の溶接機を開発したり、自動的な溶接生産ラインで、NC制御の溶接ロボットを大幅に応用したりする。そうすると、溶接の作業技術を高めるだけでなく、生産水準の改善や溶接の安全条件も改善させながら発展していく。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v270078.htm?fromTitle=%E7%84%8A%E6%8E%A5

筆者:陈芝

2019年9月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com