加工

ハイテク加工方式―NCフライス加工

社会生産と科学技術の急速な発展に伴い、機械製品はますます精密で複雑になる。そして、頻繁に更新する必要があり、とくに宇宙船、造船、軍事などの分野で必要な機械部品は高い精度が要求されるとともに、形も複雑で、ロット数も少ない。このような製品を加工するには、常に設備を改造したり、調整したりする必要がある。一般的な旋盤や専用化のハイレベル自動化旋盤はこれらの要求に適応できなくなるのだ。

画像引用元:https://cn.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=%2f3PUS%2b1s&id=6FF45D04539223989E8203D372722DD604C48B5F&thid=OIP._3PUS-   1sQznqpJFhq4lAWQHaGE&mediaurl=http%3a%2f%2fi1.ymfile.com%2fimportimg%2fac570bf599dc19ebbc090934f6 0c2f8e.jpg&exph=839&expw=1024&q=%e6%95%b0%e6%8e%a7%e9%93%a3%e5%ba%8a%e5%8a%a0%e5%b7%a 5&simid=608053882232307789&selectedIndex=7&ajaxhist=0

NCフライス加工は機械加工のハイテク加工方式であり、部品を四角、円の組み合わせの複雑な構造があるものに加工できるだけでなく、いろいろな種類の材質を加工できる。例えば、304材質ステンレス、炭素鋼、合金鋼、合金アルミニウム、亜鉛合金、チタン合金、銅、鉄、アクリルなどの金属及びプラスチックの原材料なども加工できる。

フライス盤の加工面の形状は直線、円弧または他の曲線で構成されている。一般的にフライス盤の作業者は図案の要求により、刃物とワークの相対位置を変え、選択したフライスの回転速度に合わせ、刃物でワークを切削加工し、さまざまな形のワークを加工することができる。

しかし、NCフライス加工は刃物とワークの動き座標を最小の単位量、すなわち最小の変位量に分割する。NC制御システムがワークプログラムの要求によって、各座標をいくつかの最小変位量に移動させ、刃物とワークの相対運動を実現し、部品の加工を完成させる。

NCフライス加工は部品加工の順応性がよく、柔軟性が高く、加工の精度が高く、加工の品質が安定し、生産の自動化のレベルが高いという特徴がある。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%95%B0%E6%8E%A7%E9%93%A3%E5%BA%8A/9072301?fr=aladdin

https://baike.sogou.com/v67663913.htm?fromTitle=%E6%95%B0%E6%8E%A7%E9%93%A3%E5%BA%8A%E5%8A%A0%E5%B7%A5

筆者:陈芝

2019年9月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com