部品

よく使われる薄板バネのご紹介

バネとは力を加えて変形させ、それがもとの形に戻る機能を持つものである。バネは材質や形状、性質もさまざまで、私たちの身の回りのところによく使われている。

画像引用元:https://kurashi-no.jp/I0016488#head-9b5937e9a88a8f99187fa7952372425d

薄板バネはバネの種類の一つである。一般的には、板厚が2mm程度までのものを薄板バネと呼ばれ、よく薄板スプリングとも呼ばれている。板形状をしたものは基本的に全て薄板バネに分類される。このように小形であることから、電池の接点やスイッチ、抜け止め金具などに用いられている。

薄板バネは、日常生活に小さいながらも重要な役割を果たしているが、産業機器、自動車、宇宙衛星、医療機器、建築金物、玩具などの大幅に応用されている。薄板バネは用途によって様々な形と構造がある。外形によって直なバネと曲げバネの2種類に分けられる。薄板の形によって長方形、台形、三角形、異形などがある。

薄板バネを加工する時、いくつかの技術注意点がある。

1.曲げ加工部分の半径。薄板バネは成形する時、曲げ加工をすることが多い。曲げ部分の曲率半径が相対的に小さい場合では、これらの部分は大きな応力を発生させなければならない。そのため、曲げ部分に大きな応力がかからないように、曲げ半径は少なくとも板厚の5倍になる必要がある。

2.欠けたところや穴の部分の集中応力。薄板バネには階段部分や穴があるが、サイズが急激に変化する階段で集中応力が発生しやすい。この集中応力の係数は孔の直径が小さいほど板の幅が広くなる。

3. 薄板バネの形状とサイズの公差。薄板バネはプレス加工が多く、プレス加工に適した形状とサイズを考慮して設計するとともに、曲げ加工時のレジリエンスや熱処理時の変形などのサイズ公差も十分考えしなければならない。

資料引用元:

https://kurashi-no.jp/I0016488#head-9b5937e9a88a8f99187fa7952372425d

https://www.kodama-tec.com/case/landing/003885.html#zaisitu

https://baike.baidu.com/item/%E5%BC%B9%E7%B0%A7%E7%89%87/10616410?fr=aladdin

筆者:陈芝

2019年9月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com