表面

亜鉛メッキナットの種類

溶融亜鉛メッキは溶融した亜鉛によるメッキ塗装のことで、鋼材の錆止めとしてよく使用されています。溶融させた亜鉛は液体で、その中に鋼材を付けることで、鋼材の表面を亜鉛によって被膜させます。亜鉛は耐候性に優れているので、さびにくい材料となります。ですから、外部に面する鉄骨はほとんどの場合、溶融亜鉛メッキを施します。

亜鉛メッキを施したナットは亜鉛メッキナットと言います。亜鉛メッキナットには三つの種類があります。

  • 電気亜鉛メッキナット。電気亜鉛メッキナットは一番よくある種類です。材質の向上や防錆性能に優れています。電気亜鉛メッキはコストが低くて安定していますが、環境に良くないらしいです。
  • 機械亜鉛メッキナット。機械亜鉛メッキは電気亜鉛メッキと同等の防錆力を持っていますが、水素性脆性破壊の危険はありません。デメリットとして、亜鉛メッキの厚さは均一ではなくて、光沢も電気亜鉛メッキより悪いです。
  • 溶融亜鉛メッキナット。処理された鋼材製品を溶融した亜鉛に浸透して、表面処理を行う方法です。防錆力が高いのはそのメリットの一つです。また、電気亜鉛メッキより耐食性に優れています。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E9%95%80%E9%94%8C%E8%9E%BA%E5%B8%BD%E5%9B%BE%E7%89%87&hs=2&   pn=1&spn=0&di=121990&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=3721005472%2C3870633578&os=3892904665%2C635992744&simid=0%2C0&adpicid=0&lpn=0&ln=30&f r=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E9%95%80%E9%94%8C%E8%9E%BA%E5%B8%BD%E5%9B%BE%E7%89  %87&objurl=http%3A%2F%2Fimg4.99114.com%2Fgroup1%2FM00%2F2F%2F86%2FwKgGMFcJ-3qAOzvGAANiwTlQwd8881_600_600.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Ffi5r_z%26e3Bll889_z%26e3Bv54AzdH3F90   0bc90cAzdH3Fr1baa980dc_z%26e3Bip4s&gsm=0&islist=&querylist=

資料引用元:http://www.szsst88.com/Article/dxlsjrhyzm.html

筆者:孔德珩

2019年9月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com