テスト

治具製造の要求と特徴

治具とは、機械製造の中に部材を固定したり、拘束したりするために用いる道具である。切断・加工・危険防止・作業安全などの広い範囲に用いられる。治具製造は通常、治具の品質、製造周期、一定の使用寿命、および安価な製造コストを保証することを必要とする。冶具は単品生産で、生産の中ではロットに応じられないので、冶具製造のコストが高い。ですから、冶具の構造を合理的に設計し、冶具製造のコストをできるだけ下げる。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%BC%D0%BE%DF%D6%C6%D4%EC&mode=1&did=33#did32

治具製造の特徴

1)単品生産及び高精度の要求がある

治具製造は普通には単品生産である。その製造精度は要求が高く、一般的には製品の部品精度の要求よりはるかに高い。

2)よく組み合わせる加工方法である

組み合わせる加工は冶具製造に多く使われている。例えば、ピンホールのセット、ネジ釘穴とネジ穴の位置が合わせて加工されている。

3)広く「修理法」を採用している

隙間と作業の高い柔軟性が要求される加工面に対し、公差で保証するのではなく、ラニングと磨きをつける方法をよく使う。高精度が要求される面に対しても仕上げ工の修正方法を用い、最後の精度と平滑度の要求を保証している。

4)設計の要求を保証する前提で、できるだけ加工の便利さを考える。

加工をしやすくするために、仕上げ工の作業量を減らす。普通は組み合わせ式の構造を使い、部品を加工しやすくし、全体式の構造に取って代わる。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/3784686f17fc700abb68a98271fe910ef02dae7d.html

https://wenku.baidu.com/view/4925e6a40029bd64783e2cf8.html

筆者:陈芝

2019年9月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com