加工

樹脂家具のご紹介

普通には注文する家具の中で一連の家具がある。それは樹脂家具と呼ばれる。

樹脂は松や桃の木から流れた接着剤のように高分子化学製品である。樹脂はいろいろな規格があり、固化前がとろみが付く柔らかい液体である。硬化する後は有機ガラスのような鏡面装飾効果が得られる。

樹脂家具は設計性がよく、可塑性が高く、装飾性が強く、比強度が高く、耐震性が強いという利点を持っている。

画像引用元:https://zhuanlan.zhihu.com/p/68834187

樹脂家具の製作プロセス

1.かき混ぜ

金型の大きさ、製品の数量により、まずは不飽和の樹脂を計量し、材料のバーレルに入る。そして、硬化剤を不飽和の樹脂に加え、十分にかき混ぜる。更に促進剤を入れ、攪拌し、十分に混合する。

2.材料を金型に入れる

金型は作業台の上に置き、金型内の金型面をきれいに洗い、スプーンで材料をゆっくりとすくって流し込むむ。高いところからさし、自然に流れる。

3. 真空圧縮

注ぎ込んだ金型を強力な真空圧縮機に移し、樹脂パルプの中の撹拌時に発生する余分な気泡を押し出す。そうしないと、完成品は気孔がある。

4.型抜き

樹脂パルプを金型に入れたら、1-2時間で固まれる。固まった後、型抜きができる。

5.旋盤加工

型抜き後の未加工品は、旋盤で加工することが必要である。人手でベルトマシンの上でランナー口を平らにする必要がある。小型旋盤で整合線を修理し、240号のサンドペーパーで製品の表面を研磨する。更に繰り返して600号の砂紙で細かく磨いて滑らかにする。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/7d536c8e6529647d27285259.html

https://zhuanlan.zhihu.com/p/68834187

筆者:陈芝

2019年8月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com