加工

フライス加工の特徴

フライス加工とは、丸ノコの様に多数の切れ刃を持つフライスでワークを切削する高効率な加工方法である。作業時には、フライスを回転させ、ワークを移動させて固定してもできるが、回転するフライスはいつも移動しなければない。フライス加工で使う旋盤は横型フライス盤や縦型フライス盤などがある。これらの旋盤は一般的な旋盤でもよく、NC旋盤でもよい。

画像引用元:https://cn.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=w1slqz32&id=BD59284E77011FB4D5765A222379F888D87195C7&thid=OIP.w1slqz32ur8LKZLwJIYW1gH aFj&mediaurl=https%3a%2f%2fblogimg.goo.ne.jp%2fuser_image%2f69%2f15%2f58b7e052f08f7638cec10c4f319dae9f.jp g&exph=525&expw=700&q=%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e3%81%a8% e3%81%af&simid=608036564948222920&selectedIndex=1&ajaxhist=0

フライス加工の特徴

1.フライス加工の生産率が高い。フライスは典型的な数多くの切れ刃の歯を持つカッターである。フライス加工の過程で、複数の切れ刃の歯が順次に切削作業に入る。主な作業は回転運動で、高速切削を行うことである。

2.フライス加工時は振動しやすい。フライスの切り刃の歯は、ワークを切り込む時に衝撃が起こる。各切れ刃の歯の切れ切削厚さは刃の歯の動きに応じて変化し、切削力も変化する。それにより、切削過程が不安定になり、振動が発生しやすくなっており、加工品質にも影響を与える。それと同時に、加工品質と生産率の向上も制限されている。

3.切れ刃の歯の放熱条件が良い。フライスの切れ刃の歯はワークを切削して離した時間で一定の冷却が得られ、刃の歯の放熱に有利である。しかし、切れ刃の歯がワークに切り込む時、衝撃を受けるだけでなく、熱衝撃も受ける。これは切れ刃の歯の磨耗を加速させ、硬質合金の刃物を砕けさせる。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v8292256.htm?fromTitle=%E9%93%A3%E5%89%8A%E5%8A%A0%E5%B7%A5

https://www.mmsonline.com.cn/info/224023.shtml

筆者:陈芝

2019年8月27日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com