成型

カセット型の真空包装機

現代で、消費者の速いペースの生活はインスタント製品の販売を促進している。特にカセットのインスタント製品である。その包装方式は食べ物そのものの食感を壊さないように保証できる。また、食品の賞味期限を延ばせ、消費者の中で人気になっている。

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566830245&ver=1814&signature=Nc3wf5ZhVG4b527et1zpX2-pxIaJmdRuuzeod68opGYMCPr6So2tJWVv0nyxnVK-S2GHUm9pG1rDjnIPIQOOJf9CYnBwBud*FkobcZ4DhL4gPmeG4l1muVRJ8PkchhXd&new=1

インスタント食品を作るには、必ず真空包装機を使用する必要がある。真空包装機は、包装物によってカセットの真空包装機と袋入り式の真空包装機この二つに分けられる。また、カセットの真空包装機は真空を抜くと空気を入れるという二つの方法がある。現在のカセット型の機器は、予備の箱が必要なものと箱を自製するの二つの種類があり、果物や野菜、肉類、水産などの異なる物の包装に応用されている。

全自動カセット型の真空包装機は金型の作用の下で、機械はまずシートを加熱してカセットの様式に成型させる。そして、材料を入るエリアに送り、人工的に材料を詰める。カセット型のケースはチェーンの運行方向に従い、シール金型の中に入ってきる。金型が上昇し、シール金型に膜をケースのシール面に付け、真空を抜き、シールをし、パンチを抜き、排気をし、金型を下がる。包装された製品はチェーンに従って引き続き前に運行し、出口から出る。

また、設備にはカラーフィルムシステムが付加されており、ユーザーのためにコストを節約し、生産効率を高め、包装のグレードを向上させる。廃棄のおしのこりの回収システムを配置し、環境を維持する。さらに、ユーザーの製品の包装要求に応じ、自動的にコードを打つシステムも備えている。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566830245&ver=1814&signature=Nc3wf5ZhVG4b527et1zpX2-pxIaJmdRuuzeod68opGYMCPr6So2tJWVv0nyxnVK-S2GHUm9pG1rDjnIPIQOOJf9CYnBwBud*FkobcZ4DhL4gPmeG4l1muVRJ8PkchhXd&new=1

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566829858&ver=1814&signature=Nc3wf5ZhVG4b527et1zpX2-pxIaJmdRuuzeod68opGblNydtuMqWBdJMIOJfvivSWcLpfaF68-xUJALr2OKA0AKb1VGkUBQK87jSCswtO8pxl6pF7*QOwTGE73wYN19d&new=1

筆者:陈芝

2019年8月26日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com