テスト

大切な初物試験

工業は製品の設計と生産からは離れられない。いかなる製品の設計と生産の過程の中でも、いつも設計の変更、工程の変更、製作過程の調整、非計画のストップラインと生産の転換などの活動がある。これらの活動が今後の生産品質に悪い影響を与えないように、作業準備試験、生産停止後の試験段階で初物試験を行う必要がある。

画像引用:http://www.sohu.com/a/315301938_196867

初物試験とは、各便を始める時やプロセスが変更された後、生産ライン加工の第一または前のいくつかの製品を検査することである。試験の数量は企業や取引先の要求によって決められる。一般的には、少なくとも連続生産の3-5件の製品に対して試験を行う。合格してから製品の加工を続行することができる。設備や製造工程に問題が出る前及び各作業便の加工が始まる前に初物試験を厳正に行わなければならない。

初物試験には自己試験、相互試験、専門試験の三つの試験方法を採用されている。

試験される製品はまず従業員によって「自主試験」が行われる。それから同僚によって「相互試験」を行う。最後に検査員によって「専門試験」を操作する。合格を確認してから製品の加工を続ける。

生産過程における初物試験は主に劣る製品、再修理、廃棄処分を防止することである。それは事前に製品の生産過程をコントロールする手段で、製品工程の品質管理の大切な方法である。企業が製品の品質を確保し、経済効果を高めるために一つの有効性で、不可欠な方法である。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566790137&ver=1813&signature=I0mSJsIzZYYOjaIbMLtWMLeGVeZmo1l9k*Y70P57BIh5xb8fjWHbnugJ86mItJHtwtgNIQ1pA7oE9M3oKsqSUlBGy8tRPoLlpbQXBFYBRC8wvaDL-lXQuiqifMZiCMkI&new=1

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566791006&ver=1813&signature=xUVLedmFfFY6pJZ8kohQY0570IW*Pok06F4ef6ZGGLBpVieuHKjIxnElMKYZURc2dArBMhtGKJIZx-SAKNWNymtzb4guhm5A81Pq0m-0kWiGLMSmSpGsfh7ivfhQFQ4S&new=1

筆者:陈芝

2019年8月26日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com