加工

パイプ製造の要求と注意点

パイプとは気体、液体または固体粒子を搬送する流体の装置である。通常、流体を送風機、圧縮機、ポンプ、ボイラーなどで加圧し、パイプの高圧所から低圧所に流れ、流体自身の圧力や重力を利用して輸送することもできる。パイプの用途はとても広く、主に給水、排水、熱供給、ガス供給、長距離ガソリン輸送と天然ガス、農業灌漑、水力工事と各種工業装置に使われている。

画像引用元:https://cn.bing.com/images/search?q=&view=detailv2&id=1BEB5BE578609597A024DDF80812F88C8B3D50A3&ccid=IWSQXHH4&iss=fav&FORM=SVIM01&idpvie w=singleimage&mediaurl=http%253a%252f%252fwww.wfydfrp.com%252fupfile%252fimages%252f2018%252f01%252f0 1%252f15147826638852171.jpg&expw=1440&exph=810&thid=OIP.IWSQXHH4rvsbP3Kup8DO1AHaEK

パイプ製造は各業界にかかわっている。その基本的な要求は「安全と使用」である。安全に使うのは必である。これは多くの要因と関係がある。その中に、パイプの材料がパイプ製造の基礎であるなので、まずパイプ金属材料の特殊要求を認識すべきのだ。

パイプを製造する時、パイプの材料の選択は以下のポイントに注意しなければならない。

①操作条件の要求を満たす。まず使用条件により、このパイプが圧力に耐えるかどうかを判断する。パイプの重要性も異なるので、事故による被害の程度も異なり、材料に対する要求も異なる。また、パイプの使用環境、搬送媒質及び媒質のパイプへの腐食程度合いを考慮しなければならない。

②加工可能性の要求を満たす。材料は良い加工性と溶接性を持つべきである。

③丈夫で経済的なものを選ぶ。パイプ製造の前に、パイプのフィジビリティスタディを行う必要がある。主に初期投資、運行信頼性、修理費用及び使用寿命という点である。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566631390&ver=1809&signature=uCbqzyhFe1*XetTxuxGXKz0yW2xLLQ32fVj0xwezxrX8FfOOzlzKPaiXX8t1NGhBm5az*ggV94iBVU*MvjOsAPnZjdtNplmWWzvHy2iuWfFG8suhaxqb5EU53c4aqPFA&new=1

https://baike.sogou.com/v35369.htm?fromTitle=%E7%AE%A1%E9%81%93

筆者:陈芝

2019年8月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com