部品

コントロールインピーダンスのご紹介

抵抗、インダクタンス、バッテリーの容量がある回路では、交流に対する電気抵抗のことをインピーダンスという。

基板の中の導体は様々な信号が伝達され、その伝送速度を高めるためにその周波数を高める必要がある。回線がエッチング、積層の厚さ、ワイヤの幅などの異なる要因によりインピーダンス数値が変化し、信号が歪む。したがって、高速基板の導体はインピーダンス数値をある範囲にコントロールすべきである。それを「コントロールインピーダンス」と呼ぶ。

画像引用元:http://blog.sina.com.cn/s/blog_16122797b0102xqeb.html

PCBトレースのインピーダンスはその誘導と容量性のインダクタンス、抵抗およびコンダクタンス係数によって決定される。PCBの線路インピーダンスに影響する要因は主に銅線の幅、銅線の厚さ、媒質の誘電率、媒体の厚さ、パッドの厚さ、地線の経路などである。PCBインピーダンスの範囲は25から120オームである。

実際には、PCB伝送線路は通常1つの導線トレース、1つ以上の参照層および絶縁材から構成される。トレースとスラブ層はコントロールインピーダンスを構成している。PCBはいつも多層構造を採用し、コントロールインピーダンスも様々な方法で構築することができる。しかし、どのような方法を使っても、インピーダンス数値はその物理構造と絶縁材料の電子特性によって決まる。

資料引用元:https://wenku.baidu.com/view/203562b2240c844769eaeeb7.html

筆者:陈芝

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com