表面

錫-亜鉛合金めっきの特徴

異なっためっき層は、異なる役割を持っている。めっき層は主に装飾保護めっき層と機能性めっき層の二つに分けられている。市場には様々なラックは装飾保護めっきがある。錫-亜鉛めっきも装飾保護めっきの一つとしてよく使われている。

画像引用元:http://www.track-roller.com/jujia/tr_uxentg.html

通常、使用されている錫-亜鉛合金めっき層は20%-25%の亜鉛を含むメッキ層である。以下の特徴がある。

  1. 耐食性が高い。中性塩霧試験は錫-亜鉛合金めっき層の耐食性が亜鉛層の3〜4倍であり、カドミウム層に相当することを示した。工業環境での耐食性は亜鉛、カドミウム層を超え、カドミウムめっき層に代わる優れためっきになる。
  2. 溶接性が良い。この合金層は溶接剤がない場合にブレイズ溶接を行うことができる。鈍化処理を行い、長い時間放置してもブレイズ溶接の性能に影響を与えない。それ以外、この合金層は溶接特性が優れている。一般的に亜鉛めっき鋼板は溶接時にめっき層が脱落しやすいあるいは電極に付着している。錫-亜鉛めっき鋼板はこのような現象がなく、溶接強度が高い。
  3. 錫結晶体は発生しない。この合金層は錫の含有量が高いが、錫めっき層に発生する錫結晶体現象がない。ですから、電子部品で使用する時に錫結晶体による短絡故障が発生しない。
  4. 強靭性はいい。めっきした部品は衝撃、曲げ、深さの絞り加工をする時、めっき層も脱落しない。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/f2d976232f60ddccda38a08d.html

https://zhuanlan.zhihu.com/p/30697799

筆者:陈芝

2019年8月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com