テスト

中国プラスチック城  プラスチック素材販売の売上高が高い

中国プラスチック城は1994年に設立され、寧波余姚市の北部に位置している。中国プラスチック城はプラスチック素材販売、プラスチック製品、プラスチック機械の加工、取引及び情報交流、展示販売、技術開発を一体化した高レベル、総合性、多機能、大幅の全国的なプラスチック専門技術市場であり、「中国商品専門市場競争力50強」に進出し、国家商務部から第一陣の重点市場に連絡する場所としている。

中国プラスチック城は建築面積が16.8万平方メートルで、総投資が6.5億元で、経営企業が1438社ある。現在、市場の販売品目は6000種余りで、年間の成約量は170万トン以上に達し、全国のプラスチック素材販売市場の約10%を占めている。2007年の取引金額は705億元に達し、取引量は546万トンに達した。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%CB%DC%C1%CF%B3%C7&mode=1&did=26#did24

2007年末までに、中国プラスチック城のネット販売市場は累計で616万トンの取引を達成し、取引総額は728億元である。世界の同種のプラスチック販売の中で種類が最もよくそろっており、最大規模のプラスチック電子取引センターとなる。取引規模はイギリスロンドンのLME取引所のプラスチック取引量を超えた。2008年1月から9月までに、浙江プラスチック城のネット販売市場はすでに265万トンの取引を達成した。売上高は325億元に達した。販売市場は開業して4年で累計で1000万トンを超え、成約金額は1200億元を超えた。「中国トップ10革新市場」、「浙江省重点流通企業」、「浙江省サービス業パイロットモデル企業」に選ばれた。「中塑倉単」はすでにプラスチック電子業界の有名なブランドになった。プラスチック素材販売の発展は、プラスチック機械の取引が盛んになり、プラスチック機械の市場化が始まった。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v33551136.htm?fromTitle=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%A1%91%E6%96%99%E5%9F%8E

筆者:陈芝

2019年8月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com