成型

導光板金型製造の注意点

導光板は光学的なアクリル/PC板材を利用し、高い反射率を持ち、光を吸わないハイテク素材を使用し、光学的なアクリル板材の底面にレーザーで彫刻し、V字型の十字格子で彫刻し、UVスクリーン印刷技術で導光ポットを印刷するものである。

画像引用元:https://cn.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=qsd2PslN&id=2589822A4354635B83E75FE1D6EAA2E75A1A34CA&thid=OIP.qsd2PslNBMjfYJ8OXtXOCQ  HaE5&mediaurl=http%3a%2f%2fwww.jsxhmj.com%2fupimg%2fproduct%2fmonth_1512%2f201512091505375943.jpg&ex ph=397&expw=600&q=%e5%af%bc%e5%85%89%e6%9d%bf%e6%a8%a1%e5%85%b7&simid=608006208087461073&se     lectedIndex=5&ajaxhist=0

品質の高い導光板を作るには、まず導光板金型の品質に注意しなければならない。導光板金型製造には、以下のいくつかのポイントがある。

1.製品の大きさ、金型が一回に生産された部品数とマシンのトン数によってフレームサイズを決定する。

2.突き出しシステム:

ピンの製造はできるだけ高温に強く製造する。ある場合ではピンの発熱によっては、裂けることが発生する可能性がある。

3.冷却システム:

金型の恒温を主に保持できれば、生産が正常に続けていくことができる。

4.排気システム:

主に成型過程でキャビティのガスと樹脂から発生するガスを排出し、抵抗を減少させ、先端樹脂の焦げやガス汚れを防止するために、合理的な排気システムの位置が必要である。また、光源が大きくて多く、さらに深さは0.03 mm以下にコントロールする。

5.型抜きシステム:

金型が製品を押し出す時、一定の傾斜度を持つのは必要である。その傾斜度は製品構造及び厚さによって決める。また、金型の断面は研磨処理を通し、生産の中に正常に型抜きができる。

6.スラッグウェルは必ず深さを2~4 mmにコントロールする。

7.金型のゲートの位置、大きさ、数量は合理的でなければならない。そうすると、製品のサイズ、変形、局部のバリがわ及び成形の難易度などをコントロールできる。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/310f47117fd5360cbb1adb0a.html

https://baike.sogou.com/v1527179.htm?fromTitle=%E5%AF%BC%E5%85%89%E6%9D%BF

筆者:陈芝

2019年8月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com