部品

大量生産対応のポイント

大量生産とは、長時間で同じ品種の生産を繰り返して製造することである。その特徴は、製品の種類が少なく、製品の生産量が多く、生産が安定していることなのだ。作業地は長期的に固定される同じ製品の一、二工程を完成している。専門化のレベルが高い。普通は流れ作業のライン、自動作業ラインなどの先進的な生産組織の形式を採用することができる。

画像引用元:https://baike.sogou.com/PicBooklet.v?relateImageGroupIds=&lemmaId=522239&now=http%3A%2F%2Fpic.baike.soso.com%2Fugc%2Fbaikepic2%2F6455%2F2          0160721071841-1815123985.jpg%2F0&type=1#simple_1

しかし、大量生産の過程で機能が合わず、サイズが違い、外観の品質が悪い及び他の非製品の問題が発生する可能性があるので、大量生産対応が必要である。

1.大量生産前に、製品の設計方案を検証し、製品の設計を改善する。

2.生産過程においては、生産ラインは検証する必要がある。その中に、プロセス文書の正確さ、生産プロセスの定額、設備パラメータ、ステーション、従業員の操作の熟練程度などを含む。

3.製品の品質を管理し向上する。製品に問題が発生した時は直ちに生産を停止するため 、製品の生産過程においても継続的な検査が必要である。その間に、品質部門は各ロットの製品と部品の品質を厳しくコントロールし、各段階に品質目標を制定し、随時品質の方案を調整する。

4.活用する。大量生産の過程で、製品の生産に問題が発生すれば、一定の損失がある。そのため、既存の製品に利用と加工を行うことができれば、損失を減らすことに有利である。

5.部門の建設を強化する。多くの人が新製品の開発は研究開発部門の仕事であり、他の部門とは関係がないと思っているが、実は大量生産の前に、研究開発、プロセス、生産、計画、物流、品質など多くの部門に関連するので、各部門の間で協力してこそ、大量生産を順調に進められる。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v522239.htm?fromTitle=%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%94%9F%E4%BA%A7

https://wenku.baidu.com/view/a0d7e8dfd15abe23482f4d5b.html

筆者:陈芝

2019年8月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com