テスト

三つの鋼材販売モデル

鋼材は国家の建設に不可欠な大切な物資であり、大幅に応用し、種類もたくさんある。断面形状の違いによっては、一般的に型材、板材、管材、金属製品の四つの種類に分けられている。鋼材の生産、注文と経営管理を便利にするために、さらに重軌、軽軌、小型鋼、薄い鋼板、中型鋼、上質鋼などに分けられている。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%B8%D6%B2%C4%CF%FA%CA%DB&mode=1&did=43#did42

世界鋼材の販売モデルは大きく三つの種類に分けられる。日韓モデル、欧米モデル、中国モデルなのだ。

欧米モデル:鋼材販売は鉄鋼企業を中心としており、ドイツの80%の製品がユーザーに直売する。残りは加工配送センター、エージェントなどが販売している。鉄鋼企業は同時に鋼材加工配送にも従事している。

日韓モデル:日韓鉄鋼業の集中度が非常に高いので、いくつかの大手鉄鋼企業の粗鋼生産量は全国の粗鋼生産量の80%を超えており、その販売モデルは非常に特別である。同時に製鉄工場の直接供給率は低いが、製鉄工場の80-90%の資源は指定される卸売業者を通じて販売を実現する。その販売レベルは非常に明らかであり、基本的には代理制度の販売に属している。

中国モデル:中国は面積が広いため、製鉄工場の分布は比較的分散している。一般的な販売方法は以下の通りである。

1.代理販売:中小鉄鋼企業は、販売地の一部のディーラーと協力する。企業は毎日市場に基準となる価格を発表しており、ディーラーがその価格を基準にして販売している。ディーラーが定期的に決算して量的にまとめている。

2.伝統代理:各地のディーラーと製鉄工場が代理契約に調印し、ディーラーが代理販売を行う。

3.自営:普通は大中型の製鉄工場の補充販売ルートとして使用している。製鉄工場はディーラーと一定の競争関係があるが、市場に対する対策を取る手配が必要である。

4.特別注文:一般的に企業が相場を賭け、北方の鋼材が南へ販売するなどの特定の時間帯に現れる。

5.電子商取引:電子商取引サイトを利用して販売している。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566302973&ver=1802&signature=5nffMkHFHEPSkdYFDneZbyBNLKYso9phKAjWu40Lg*OGESkF2F4NafsLFEJFCGloatHf0xDGuzeRU0D43DBmsrfS06i2Sg-SN3LqsAd-hFshSm2d0I1Dvh68w6g8MB9T&new=1

https://baike.sogou.com/v235713.htm?fromTitle=%E9%92%A2%E6%9D%90

筆者:陈芝

2019年8月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com