成型

異なる電極の製造方法

電池の中で電極とは一般に電解質溶液と酸化還元反応を起こす場所のことである。電極には正と負に分けられ、一般的に正極は陰極であり、電子が得られ、還元反応が起こり、負極は陽極であり、電子を失って酸化反応が起こる。電極は金属または非金属であってもよく、電解質溶液と電子を交換できる限り、電極になることができる。

画像引用元:https://baike.sogou.com/v795374.htm?fromTitle=%E7%94%B5%E6%9E%81

異なる電極の製造方法

  1. 管式電極は、調製された電極粉を表面にマイクロホールのある管または箱の中に加える。例えば、鉛酸電池のように、時には正極は活性物質の鉛粉をガラス管やポリエステル管の中に入れ、チューブに合流導電体を挿入する。このような電極は粉が落ちにくく、電池の寿命が長い。
  2. 加圧式電極は、調製された電極粉を金型に加圧して形成する。電極の間に導電性の骨組みを置く。
  3. 塗装式電極は、電極粉を電解質溶液で調合し、導電性の骨組みに塗布する。例えば、鉛電池の電極、亜鉛―銀電池のマイナス電極である。
  4. 焼結式電極は電極粉を加圧して成形し、高温で焼結処理をする。または電極基板になって焼くこともできる。そして、活性物質につけて乾燥させる。カドミウム―ニッケル電池、亜鉛―銀電池の電極では焼結方法をよく利用している。焼結式電極は強度が高く、気孔率が高く、大電流、高倍率で放電することができるので、電池寿命が長い。しかし、プロセスが複雑で、コストも高い。
  5. 発泡式電極は発泡プラスチックを化学ニッケルめっきし、ニッケルめっき処理した後、高温で炭化して多孔の網状ニッケル基体を得せられる。活性物質をニッケル網に充填し、発泡式電極が出る。発泡式電極の表面積が大きく、電極放電容量が大きく、電極の柔軟性が良く、巻き取り式電極に適している。現在は主に水素―ニッケルとカドミウム―ニッケル電池に使われている。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E6%9E%81%E7%BB%93%E6%9E%84

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E6%9E%81

筆者:陈芝

2019年8月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com