表面

ラックの処理

ラックはギアに合う線形部品であり、直径が無限大のギアの一部分に等しい。多くの歯が均等に並べながら、ギアと噛み合って回転を移動に変えたり、移動を回転に変えたりする。ラックは伝動方式であり、他にはフリュードドライブ、ボールスクリュードライブの2つの伝動方式がある。

画像引用元:http://www.365azw.com/share/s-284374/javascript_zgC$q;

ラックは無限の長さがあり、長距離移動ができる。大負荷で、15トンから20トンの重い物を受けることができる。さらに、高回転率は他の2つの伝動方式より優れている。

ラックの加工は熱処理が必要である。熱処理は材料自体の性能に対しては、熱加工の処理である。ラックは熱処理をしたが、色が暗くなっている。特に焼き入れたら、色がいつも暗くなる。

熱処理をした後、ラックは色を変える以外に、青ぞめ、黒ぞめなどのプロセスを採用し、外観を黒または暗い色に変えることができる。さらに、表面処理を行うのもよく使っている方法である。一般的には酸化して黒ずんでいる。外観が綺麗になれば、亜鉛めっき、硬いクロムめっき、錫めっきなどの表面めっきができる。しかし、錫はその優れている耐食性と溶接可能性のために、電子工業の中で、電子部品、ワイヤ、プリント配線板、集積回路などの保護性と溶接可能性を持つめっき層としてよく使われている。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v174040.htm?fromTitle=%E9%BD%BF%E6%9D%A1

http://blog.sina.com.cn/s/blog_e6a9bf5b0101fwaf.html

https://baike.sogou.com/v61125755.htm?fromTitle=%E7%94%B5%E9%95%80%E9%94%A1

筆者:陈芝

2019年8月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com