量産

順送型と順送加工の特徴

加工製造においては、 順送は一般的には順序に従って連続加工を行うことを指す。加工する場合においては、順送型が必要である。

画像引用元:https://baike.sogou.com/v507365.htm?fromTitle=%E8%BF%9E%E7%BB%AD%E6%A8%A1

順送型は複数の工程で構成され、多くは20以上の工程に達する。普通は順次にパンチング、バリ取り、ふち切り、引張り、打ち抜きプロセスなどである。順送プレス機は一回で一連の異なった加工内容を完成できる。一回が終わったら、フィーダが固定の順序によって半製品を前に移動する。このように一つの順送プレス機は往復作業の中で同時に複数のプロセスを加工できる。

順送加工の特徴:

  1. 生産効率が高い。順送型は複数の工程の押し抜き機の型であり、一つの金型の中に、パンチ、曲げ成形及び引張りなどの様々な工程が含まれ、生産率が高い。
  2. 操作は安全である。順送プレス設備は非常ドアがあり、作業エリアと人員操作エリアを隔離させ、相対的に閉鎖された作業エリアを形成できる。ですから、高速生産のために安全保障を提供している。
  3. 高速プレスで生産できる。製品の状態によって高速プレスを使い、より高い生産効率を達成することが考えられる。
  4. 自動化で 操作しやすい。原料投入、送料、加工、成品を自動化し、人件費を削減し、効率を向上させる。そして、人工のミスオペレーションを防止する。
  5. 敷地面積を減らし、半製品の運送と倉庫の利用を減らすこともできる。一つの順送型は生産ラインの加工部分を構成しており、一つの製品の生産を完成できる。敷地面積が小さいので、ていしつと半製品の運送状態の検査を簡単にしている。その安全性も高い。
  6. 材料の利用率は高くない。送料の安定を保証するために、各工程の状態と工程内容の均一配分を保証し、一部の材料を無駄使い、高い材料利用率を実現できない場合がある。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v11223944.htm

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1566391109&ver=1804&signature=KFaFT3SyN8*BvwHkP9sZymI2LX4bjPvctMYHmtVROxB2cJaFH03f6V-kf9bterIzXkvIYwG-uw0ax7Hw0q6S-JXnzPMkzWgjgw2HLQ4UfB8hbZFLccXgCVxACjn6BEfe&new=1

筆者:陈芝

2019年8月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com