加工

鋳物及び鋳物品質

鋳物は様々な鋳造方法で得られた金属成型物である。すなわち、注液、圧射、吸入または他の鋳造方法で製錬された液状金属を準備された鋳型に注入し、冷却後に磨きなどの再加工方法で一定の形状、サイズ、性能を有するものを得られたものである。

画像引用元:https://baike.sogou.com/PicBooklet.v?relateImageGroupIds=3356530,3356530&lemmaId=276184&now=http%3A%2F%2Fpic.baike.soso.com%2Fugc%2Fbaikep ic2%2F51849%2F20160720095052-32777931.jpg%2F0&type=1#3356530_1

鋳物は大幅に応用され、金物や機械電子業界などにも使われている。その用途も拡大しつつある。

鋳物の応用が広く、その品質は機械製品の性能に大きな影響を与える。鋳物の品質は主に外観品質、内在品質と使用品質を含む。外観品質は鋳物の表面粗さ、表面欠陥、サイズ偏差、形状偏差、重量偏差を指す。内在品質は主に鋳物の化学成分、物理性能、機械性能、金相組織及び鋳物内部にある穴、割れ、偏析などの状況を指す。使用品質は鋳物の異なる条件で使われる耐久性であり、耐摩耗性、耐食性、耐熱冷性、安定性などの性能と切削性、溶接性などのプロセス性能を含む。

例えば、旋盤の鋳物の耐摩耗性とサイズの安定性は直接旋盤の精度と寿命に影響する。各種類のポンプのインペラ、フレーム及び油圧部品の内腔のサイズ、型線の正確性と表面粗さはポンプと油圧システムの作業効率、エネルギー消費と腐食の進展などに直接に影響する。シリンダー、シリンダーカバー、ピストンリング、排気管などの鋳物の強度と耐熱冷性はエンジンの作業寿命に直接に影響を与える。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%93%B8%E4%BB%B6/8630729?fr=aladdin

筆者:陈芝

2019年8月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com