量産

1基の発動機―単発

単発とは、発動機が1基あることなのだ。

現実には発動機をエンジンと呼ぶ人がいるが、実はエンジンが変速装置、発動機と伝動軸などを含んでいる一連の動力出力装置である。発動機はエンジン全体の一部であるが、エンジンの核心部分としている。シリンダーは発動機の主要な部分で、車全体の動力源である。シリンダーにはシリンダー支え、吸気孔、オイルホール、排気孔、点火プラグ、ピストンがある。

画像引用元:https://pic.sogou.com/d?query=%D2%FD%C7%E6&mode=1&did=2#did1

単発の原理

シリンダーは吸気孔とオイルホールを通し、ガソリンと空気を注入し、シリンダー内で十分に混合し、点火プラグが混合物を点火した後、混合物が激しく燃焼し、ピストンを下に動かして動力を発生させる。同時に、爆発ガスの巨大な圧力は逆止弁の排気孔を押し、排気ガスを排出する。その後、シリンダーの中で残留排気ガスは次第に冷たくなり、気圧が低くなり、シリンダーの外の大気圧はピストンを上に動かし、次の爆発を準備する。これが簡単な原理である。

普通は単発と言えば、飛行機の単発を指す。科学技術の発展に伴い、単発飛行機はどんどん利用されるようになってきている。500tのエンジンには複数の単発が含まれているが、現在には応用が少なく、よく見られるのはロケット製造によく使われている。

資料引用元:

http://news.eeworld.com.cn/qrs/article_2018030545492.html

https://baike.baidu.com/item/%E5%BC%95%E6%93%8E/2043?fr=aladdin

筆者:陈芝

2019年8月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com