表面

溶融亜鉛メッキの現状と前景

溶融亜鉛メッキは、溶融した亜鉛によるメッキ塗装のことです。溶融させた亜鉛の中に鋼材を漬けることで、鋼材の表面を亜鉛によって被膜させます。亜鉛は耐候性に優れているので、鋼材の錆止めとして多く使用されています。溶融亜鉛メッキの使用範囲は広くて、家電、電力、建築、通信、自動車、化学、農業など幅広く使われています。中国では工業化が進んでいて、農業を産業化にすることによって、溶融亜鉛メッキの製品はさらに多くなりました。

また、下流市場の需要の拡大によって、中国の溶融亜鉛メッキ業界は規模がますます大きくなりました。2017年、溶融亜鉛メッキの企業は1400万社余りあって、その中登録資金が1000万元以上のは370社で、総数の26%占めています。

市場規模からみると、溶融亜鉛メッキは金属の表面処理の中に重要な一部で、販売収入は約17%占めています。2017年、中国の金属の表面処理業界は販売収入が2408.71億元に達して、溶融亜鉛メッキ業界は販売収入が409.48億元に達しました。

前景産業研究院の予測によると、未来の何年間で中国の溶融亜鉛メッキ業界の営業収入の増加率は2%-3%で、2023年になると、営業収入は460億元に達する見込みです。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%83%AD%E9%95%80%E9%94%8C%E5%9B%BE%E7%89%87&hs=2&pn=3&spn=0& di=84150&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=502072449%2C2481964346&os=3694278942%2C726142824&simid=3481330482%2C433025911&adpici d=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E7%83%AD%E9%95%80%E9%94%8C%E5%9B%BE%E 7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fimg000.hc360.cn%2Fk3%2FM01%2F93%2FF8%2FwKhQx1eEomiELODTAAAAAHuOKsU 619.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fkdk_z%26e3Bivnma_z%26e3Bv54AzdH3FetjoPtvfAzdH3Ff7rrsyfjsu_rtvfAzd H3Fc0lmnllll_z%26e3Bip4s&gsm=0&islist=&querylist=

資料引用元:https://xw.qianzhan.com/analyst/detail/220/190412-39a2f16f.html

筆者:孔德珩

2019年8月12日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com