表面

大物に応用される溶融亜鉛メッキ

工業の中で応用する最も広範な大物の鉄鋼材料は大気、海水、土壌及び建築材料などの環境の中で使用する時、いずれも異なる程度の腐食が発生できる。溶融亜鉛メッキは鉄鋼材料の環境腐食を遅らせる最も有効な手段の一つである。溶融亜鉛メッキは表面を洗浄し、活性化した鉄鋼製品を溶融した亜鉛液に浸漬する。鉄亜鉛間の反応と拡散により、鉄鋼製品の表面に良い亜鉛合金メッキ層を付ける。溶融亜鉛メッキプロセスは安いコスト、優れた保護特性及び綺麗な外観によって人気がある。送電線路鉄塔、高速道路施設、電化鉄道鉄柱、大物の建築構造、都市街灯、ガードレール、現代化な大規模の養殖場、農業ハウスなど大物の鋼材構造は溶融亜鉛メッキを使用していることが公認されていることである。

画像引用元:http://finance.sina.com.cn/roll/20081124/23562532327.shtml

溶融亜鉛メッキは大幅に応用されるが、折りたたんだ部分が灰になり、網状模様の問題があるところも存在している。

このような暗い亜鉛層をもたらす原因は主に二つがある。

  • 鋼材のシリコン含有量の違いによる結果なのだ。溶融亜鉛メッキをする時、シリコンがあるので、亜鉛鉄の拡散が速くなり、合金の生成が速すぎ、亜鉛メッキの水冷前で、亜鉛層の表面に形成する。亜鉛の光沢は合金層の光沢より明るいので、暗い結果になる。網状模様の形成は合金の不均一形成の結果である。
  • もう一つの原因は亜鉛メッキの温度が高すぎ、合金の反応が速くなり、暗くなるのだ。亜鉛メッキの製品を装置する後、内部の亜鉛鉄が拡散するのはやめなく、合金層が徐々に亜鉛の表面に形成していくことも亜鉛メッキが次第に暗くなる原因である。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1565013664&ver=1772&signature=o3fDxxl-EwXE4-0Fx8AdKSODA6LAQ47HNxStWsRzee0nXr31Ev-Y0bGJpKT-ZEAn0by3XtICJhGnbRU0By61s3cYOB6tkyP*95vkKKQV36XAjJodRvjVGb08NjD*HCmc&new=1

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1565013749&ver=1772&signature=k3PshqQfxLOv0MJsF2OXqnxIKALsS-pU8dSTVoph2DxIXozXNkKba16kqRq5QO50PEIYuQf7xrIHTl0F4uRzYPOUDUesjRvyna0u-RZejyF1kFM3bfDjqRYzehWc1QHj&new=1

https://max.book118.com/html/2015/0620/19424899.shtm

筆者:陈芝

2019年8月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com