成型

プラ金型の加工プロセスの発展傾向

プラ金型は、プラスチック加工工業の中でプラスチック成型機と配置し、プラスチック製品に完全な構造と正確なサイズを与えるツールである。プラスチックの種類と加工方法が多く、プラスチック成型機とプラスチック製品の構造が多様なので、プラ金型の種類と構造も多様である。

画像引用元:https://detail.1688.com/offer/554974693190.html

プラ金型は全体的に以下の発展傾向を呈している。

  1. 金型成型部品の大型化と部品の高生産率は、一つの金型が多くのダイオープーニングを持つ要求がある。金型の大型化によって、大型のプラ金型は300トンに達することも存在している。一つの金型が数百、数千ダイオープーニングを持つので、金型加工設備の大作業台がy軸とz軸のストロークを増加することが要求される。
  2. 採用した金型の鋼材は硬度が高く、プラ金型加工設備に熱安定性、高信頼性が要求される。
  3. 複雑なダイオープーニングと多機能複合金型に対しては、部品の形状が複雑になり、金型の設計製造レベルを向上させなければならない。多様な溝、多種類の材質が一つの金型の中で成形または部品に組み立てられる多機能複合金型は、加工プログラミングのプログラム量が大きく、深い穴の総合切削能力と高安定性を備え、加工の難しさが向上する。
  4. 金型加工の精密化によっては、加工設備の複合性、高効率性がより注目される。高速フライス削りは高硬質材料が加工でき、加工が安定し、切削力が小さく、ワークの昇温変形が小さいなど多くの長所を持っているので、プラ金型企業は高速加工をますます重視させている。
  5. 高ダイナミック精度になる。金型の三次元曲面の高精度加工は、高ダイナミック精度性能の要求を提出した。高速、高精度はまた旋盤の高剛性、熱安定性、高信頼性及び高品質の制御システムと協力して実現することができる。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=3&timestamp=1565057748&ver=1&signature=eBSx4LRWZfAWXHFqDE3OVBHH9lgbEPjpUmlbov060fsaSnAm9BDcWl*D          pNTvVUDOAUiOOfoUIpnLn66XsMGui8h4cq9ZHs6Ta6ZV8Ei-5wEaPGE9ypcArc0USl*uoGK9Qv467w5cKRYb7clgaIrhuw==

https://baike.sogou.com/v64554334.htm?fromTitle=%E6%A8%A1%E5%85%B7%E5%A1%91%E6%96%99

筆者:陈芝

2019年8月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com