成型

日常の生産ツール―プラ金型

日常の生産、生活の中で使用している各種ツールと製品は大物の機械の土台、胴体の外殻まで、小物のねじ、ボタン及び各種家庭用電気製品の外殻まで、すべて金型と密接な関係がある。各種の製品の材質、外観、規格及び用途の違いにより、金型は鋳造金型、鍛造金型、ダイカスト金型、プレス金型などの非プラ金型とプラ金型に分けられる。

画像引用元:http://www.gtobal.com/sell/detail-2175143102.html

成型方法により、異なる工芸要求に応用されるプラ加工金型の種類を分けることができる。主に射出成形金型、押出成形金型、吹込み成型金型、高発泡ポリスチレン成型金型などがある。

プラ金型は、プラスチック製品を生産する道具である。いくつかの部品から構成されており、うちには成型ダイオープーニングがある。射出成形時、金型は射出成形機に挟み込まれ、溶融プラスチックが成型キャビティ内に注入され、ダイオープーニング内で冷却して形が定まる。そして上型と下型に分離され、押し出しシステムを通じて製品をダイオープーニングから押し出し、最後に金型を閉じて次の射出成形を行い、全射出成形過程は循環的に行われる。製品の重さや射出成形量によって異なるトン数を選択する。例えば、60 T、80 T、100 T、120 T、160 T、168 T、268 Tなど、60 T以下のプラ金型もあるが、一般的には10 T以上である。現在国内で最大のは4000 Tがある。

自動車製造業とIT製造業の急速な発展に伴い、国内の金型工業は急速な発展を遂げた。中国の金型業界におけるプラ金型の占める比率は30%に達することができる。将来の金型市場においては、プラ金型が金型総量に占める比率は徐々に高くなり、発展速度も他の金型より速いと予想される。

資料引用元:

https://baike.sogou.com/v64554334.htm?fromTitle=%E6%A8%A1%E5%85%B7%E5%A1%91%E6%96%99

https://mp.weixin.qq.com/s?src=3&timestamp=1565061725&ver=1&signature=ySDa10ZglleJIUNGP3p3DrP5k97wobJNX-oxNI6GHvcmh-HIk8T 7GXmq aYKrt1ewnXt4wKrICELbxlPRaVlRue*Qr3KyPGIH8QJBCQ2GMXnsvmSE4umbdW3Be5wiCs4tt8z9oG9Wr-nNx9VeAUfgaA==

筆者:陈芝

2019年8月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com