表面

エンジンカバーのメッキ

エンジンカバーは一番目立つ中物の車体部材である。車を買う人が深く見る部品の一つである。エンジンカバーに対する主な要求は防腐能力が強く、防熱防音、自身の質量が軽く、剛性が強いである。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/205787778_656538

エンジンカバーの構造はドアより簡単で、主に内、外板と局部補強板から構成されている。内板と外板は折り返し、接着、ローラー溶接などを通して結合している。局部補強板は、ヒンジとドアロックの取り付けに溶接または接着し、組み立て剛性を高める。外板の形状は一車全部と一致し、ディンプル防止や防腐性に対する要求がある。内板はより高い剛性が要求される。付属品を取り付けやすくなるために、様々な形の穴を押し、筋と穴を強化する。

エンジンカバーの外板は普通亜鉛メッキ鋼板を採用している。亜鉛メッキ鋼板は異なる環境ですべて優れた耐食性を呈している。鋼板は亜鉛メッキ後、表面が物理的な保護を形成しており、基体に腐食しても、外に現れる鋼板と亜鉛層が湿っぽい環境でガルバニバッテリを形成する。鉄鋼の電位と比べると、亜鉛はマイナスで、亜鉛メッキ層は犠牲陽極になり、腐食防止ため基体鋼板を保護する。

亜鉛メッキ板は方式によっては、溶融亜鉛メッキと電気亜鉛メッキに分けられる。溶融亜鉛メッキは亜鉛層の成分によっては、溶融純亜鉛メッキ板と溶融亜鉛鉄合金メッキ板に分けられる。電気亜鉛メッキは主に電気純亜鉛メッキ板である。溶融純亜鉛メッキ板の錆止め性能が溶融亜鉛鉄合金メッキ板より優れているので、エンジンカバーでよく応用される。

資料引用元:

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1565090393&ver=1774&signature=4UEWWv2dfU3aSklgL4TrZoOOy52FtyJgyrtSf9PSOJdaxQBs6lyLMfFM    pebkrQasGLC*bNjqQBf8WeztjQx-dD3csPfemqs6UhER3vR*xtTnQCLQqYtfhMN-CFwIzekJ&new=1

https://wenku.baidu.com/view/b8662269a9114431b90d6c85ec3a87c240288a8f.html

筆者:陈芝

2019年8月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com